ニュース記事一覧

サラリーマンに「ゴマすり」は必要不可欠

 50歳からの転職を考えている方に参考になるかどうかはわかりませんが、生き残りに最も有効な能力はゴマすりだという面白い記事を見つけました。 これを書いたのは「悪徳官僚に学ぶ戦略的ゴマすり力」の著者で、兵庫県立大学大学院教授の中野氏です。中野氏は同志社大学を卒業したあとに、現在の厚生労働省(当時の労働...

≫続きを読む

50歳以上の出稼ぎが流行…中国

 最近50才以上の出稼ぎが流行っているらしいです。職種は農作業です。とはいっても中国での話ですが。 農作業って簡単に言いますが、甘くはないですか? 農作業って決して楽な仕事なんかではないですよ。もとより、"楽な仕事"なんてものなどはあるわけないのですけれど。私は高校2年の夏まで毎年田舎に行って毎朝早...

≫続きを読む

50歳からの転職に向けてなにをするのか

 いま世の中が大きく、変化をしようとしています。多くの人が2012年の12月の選挙で政権が民主党から自民党に代わり、それが原因でいろいろなことが変化していると思っているかもしれません。たしかに安部政権が推進する大胆な金融緩和やデフレ政策の効果で、円安になり会社の株価が上がったのは間違いありません。 ...

≫続きを読む

ひと安心!社員の解雇の自由化が見送り

 自民党が推し進める政策のなかでも経済政策や雇用政策は、直接的に私たちの生活や就職や転職に影響を与えます。そんな政策のなかでもっとも話題になり、注目を集めていたのが正社員の解雇の自由化です。 これは政府の有識者会議で竹中平蔵元総務相らが主張していた政策のひとつで、解雇の代償として金銭を支払うことで社...

≫続きを読む

50歳からの転職の前に自己分析をしてみよう

  50歳からの転職を考えている人もいますが、ここでいくつか注意点があります。転職すべきでない人の共通点を意識してみて、自分にも多く当てはまるようであれば転職はしない方が無難です。では、転職しない方がよい人の共通点とはどのようなものなのでしょうか? まず安定志向の人は転職をしない方が良いです。その理...

≫続きを読む

50歳からの転職

 民主党から自民党へと新政権に代わり大幅な金融緩和と緊急経済対策を盛り込んだ補正予算も成立し、15年間続いた日本の経済停滞にも終焉の兆候が見え始めてきました。特に公共事業は景気回復への即効性が高い経済対策で、来年度当初予算案と今年度補正予算案を合わせた15ヶ月予算の公共事業費は合計で7.7兆円と大規...

≫続きを読む

50歳からの転職!長期的に転職に備える30代や40代

 安部政権が推し進める経済政策「アベノミクス」の効果で景気の回復も感じられ、これまで転職を自粛していた人もかなり活発に転職活動を始めています。しかし安部政権の異例といえる賃金アップの申し出にも、応じたのはわずか2〜3割程度の企業でしかありません。多くの企業では今の景気回復には歓迎しながらも、警戒心を...

≫続きを読む

50代からの転職の現状

 50代から転職を考える人も、もちろんいると思います。しかし、その現状はかなり厳しいものとなっているようです。 最近では定年が引き下げられる企業もあり、55歳で定年を迎えてしまう企業も多くあります。その中で退職後で、という話であれば事情も変わるようなのですが、在職中に転職を、と考えている人にとっては...

≫続きを読む

日本で培った技術力を活かして海外で活躍するためには

 YAHOO!ニュースにて、中国での就労が厳しくなってきている現状が記事になっています。2013年の7月1日に、中華人民共和国出入管理法(新管理法)が発行され、就労についての明確な定義が決められました。就労許可就労ビザを取得しても、職場を変えたら無断就労扱い 新管理法が発行される前は規定も罰則もかな...

≫続きを読む