50歳からの転職の前に自己分析をしてみよう

 


 50歳からの転職を考えている人もいますが、ここでいくつか注意点があります。転職すべきでない人の共通点を意識してみて、自分にも多く当てはまるようであれば転職はしない方が無難です。では、転職しない方がよい人の共通点とはどのようなものなのでしょうか?

 

 まず安定志向の人は転職をしない方が良いです。その理由は安定志向の人にとって転職、とくに50歳からの転職は精神的なストレスが非常に大であり、安定とは正反対の生活に身を置かなければならないからです。

 

 安定志向の人が転職を目指すのは、今の仕事が退屈だから、何か新しいことをやりたいから、という理由もありますがそれは耐えた方が良いでしょう。

 

 次に、毎日定時で帰宅している人。特に若い世代で将来的に50歳から転職をしてみようと考えている人は要注意です。

 

 能率的な仕事の結果、定時に帰れるということであればこれは大丈夫なのですが、そうではなくて楽をしているタイプは転職するのは危険です。一度はハードワークを通り過ぎていないと環境が変わったときのストレスに耐え切れないのです。

 

 上記二つは環境の変化のストレスがあるから転職をしない方が良いといっていますが、環境の変化のストレスは肉親がなくなった時と同程度だといわれることがあるほどの強烈なストレスです。

 

 なので、これに対する耐性がない、もしくは耐えられるだけの余力がない状態での転職活動は無謀と言えます。ですので、まずは自己分析をしてみてから転職するかどうかを決めておいたほうが堅実です。