長年培ったスキルを面接で活かすには

 

50歳からの転職もやり方次第で成功しますか?


 転職限界年齢と言われる35歳。これを15年も超えている50歳からの転職ですが、就活のやり方次第でより短期間での転職を可能にしてくれます。

 

 まず押さえておきたいのは少なくとも50歳になったら、会社が倒産するなど、よほどのことがない限り退職しないことです。ふつうに考えれば、50歳以上の方を採用する場合はパートや契約社員のような非正規雇用が圧倒的に多くなります。ですから、今までより収入が激減するだけでなく、なにより生活が不安定になります。そのうえで、退職せざるを得なくなったら、あとはひたすら前を向いて転職活動に汗を流すだけです。

 

 とはいってもただ闇雲に求人という求人を凝視してみても、50歳でも雇ってくれる求人はそうそう見つからないというのが現状です。清掃員や管理人、警備員等いくつかの職種を除いて、たとえパートでも案件はあまり多くありません。転職斡旋のプロフェッショナル集団である、いわゆる人材紹介会社に登録しても、あまり好結果は期待できないでしょう。何故なら、50歳以上の求人案件の絶対数が少ないからです。

 

 その少ない案件をさらに雲の上的な存在にしているのは、そのほとんどが超エリート経歴を求めているからです。たとえば一流企業の取締役を歴任した、起業してわずか数年で売上高にして業界ベスト5に入った実績をもっている、新規市場を開拓し売り上げを倍増させた中心人物である、不採算企業を立ち直らせた実績をもっている、業界のエポックメイキングで雑誌等でよく取り上げられている等々、かなりの実績がある人等が求められているのです。

 

 しかし現実問題、そうでない、つまりごく平凡な50歳なりの職歴を持った方が殆どです。

 

 ですが、そうした殆どの人は転職できないのかというとそうではありません。あなたが長年培ってきたスキルが何らかの資格に活かせないか、考えてみてください。つまり今まで培ったスキルを何かの資格で証明するのです。

 

 ただ「はい。○十年間、○○に従事してい参りました…」等と応えるのは誰でもできます。まさか面接の場で、実際にやらされることはありませんから、多少オーバーにいうケースもあります。採用担当者の中にはその言葉がどれだけ信憑性があるか見極める能力を持っている人もいますが、わずかな面接時間内に全てを見抜けるわけではありません。その点、手っ取り早くスキルの程度が判断できる資格を携えて応募すれば、他の応募者を一歩も二歩も飛び越えて、あなたに採用の報がもたらされる近道ともなり得るのです。