50歳は邪魔物ではありません。

 同期がどんどん希望退職制度を利用して辞めていくのも見て、仕事への情熱が消えていくことが肌身で感じ、心機一転転職をしてみることにしました。

 

 会社に未来がないというのは見ていて辛いものです。

 

 長年勤めた会社ですから何とかしようと奮戦しましたが、社長が変わり、効率重視によって私たち50代が邪魔物のように扱われることが嫌でした。

 

 様々な理由が重なり50歳という年齢も考えて「まだ働ける」という意思もありましたから転職活動を始めました。

 

 

 

 50歳という年齢はどう考えても一番ネックです。

 

 象徴的だったのが、ある会社で面接までたどり着いた時に5人中2人が50代でした。そして落ちたのはその二人でした。もちろんその内の一人は私です。

 

 ですが年齢を嘆いていても仕方がありませんから「逆に年齢を武器にできないか」と考えて、経験や今までの成果などを履歴書に書き、「分析力」を重視しながら対策を立てていきました。

 

 

 

 

 転職エージェントに言われたのは「持っているもので勝負してください」でした。転職活動とはそういうものだと思います。

 

 50代という年齢は確かにネックですが、考え方ひとつでこの混沌とした時代だからこそしっかりと地に足をつけた考え方ができる人が重要視されるとも言えます。私は50歳ですが20歳と比べてただ、ダラダラと30年の経験を積んできたわけではありません。

 

 そこを相手に伝えられれば採用されると思いました。

 

 

 

 

 スケジュール管理機能はよかったですね。色分けされたり、メールに転送できますから、管理がしやすいです。

 

 エージェントは当たり外れがあります。いくら実績があっても外れは外れですので、積極的に転職会社に言って他の人とも話して情報を手に入れることが良いでしょう。

 

 転職サイトはあくまで補助ですからそのこと忘れないでください。